豆知識

税理士の顧問契約のメリット

うちの税理士さんはとっても融通がききます。

私の雑な事務業務にも柔軟に対応してくれます。

経営者仲間と税理士について話しをすることがよくありますが、まず聞かれるのは毎月の顧問料ですよね。
ここは同じような規模の会社を経営していると、どこともそこまで差がありません。
次に税理士がどんな業務をしてくれているか、どこまでしてくれているか、ここには大きな違いが出てきますよね。

うちの場合、データに出来るものはすべてデータにしてメールで送っています。
領収書などは少し纏めてごっそり郵送で送ります。
細かいことが得意でマメなうちの税理士さんはそれを綺麗にまとめてくれます。

ただ、仲のいい経営者が依頼している税理士さんの中には、毎月の顧問料は同じようなものの、データ纏めも領収書纏めもしてくれないという税理士さんもいました。
その税理士さんは、毎月経営者がまとめたデータをチェックしてくれるというだけのものでした。
ただ、その税理士さんは銀行に強くて、融資をお願いするととても頼りになるとのことでした。

他にも、たくさんの顧問先を持っている税理士さんが顧問先同士をマッチングして、売り上げにつながるよう貢献してくれたりするとか。
その税理士さんは少し顧問料が高かったと聞きました。

でも、売り上げに貢献してくれる税理士さんなら多少顧問料が高くても納得できるような気がします。

税理士に求めるもの、って考え方次第なのかなと思います。
融資に強ければ業務拡大も考えれるかもしれません。
売り上げに貢献してくれるなら、税理士への毎月の顧問料も安いもんだと考えられますし。
うちのように、業務効率化としてデータを私の代わりに綺麗に整理してくれる税理士さんが便利だと考えたりもできます。

会社を経営するときに、自分の会社をどういう風にしていきたいか、どんなふうに仕事をしたいかによって税理士選ばないといけないですよね。
地元神戸のオススメの税理士さんはこの2件
濱田会計事務所
吉田博一税理士事務所